光学式ホワイトニング

光触媒によるホワイトニングで歯本来の健康的な白さへ

光学式ホワイトニング この度当院では、光学式ホワイトニングを導入いたしました。酸化チタンを含む溶液を使用して本来の歯の白さを取り戻していきます(酸化チタンとは、食品・歯磨き粉・化粧品など、日常的に使われている安全性の高い無機化合物です)。 平たく申し上げると、従来のホワイトニングは歯を白くするよう働きかけていましたが、光学式ホワイトニングは色素の汚れやくすみを取ってを白くします。

従来のホワイトニングと何が違うの? 光学式ホワイトニングのメリット・デメリット

メリット ①痛みを感じたり、しみたりする事がありません。 ②低価格、そして短時間でホワイトニングをする事ができます。 ③光触媒作用の効果で汚れ分解・抗菌・殺菌・消臭効果が期待できます。
デメリット 歯がもつ本来の色に近づけていくため、元々の歯の明るさ以上に明るくする事が難しい (本来の色より歯を白くしたい方には通常のホワイトニングをお奨めしています。)

光学式ホワイトニングのしくみ

酸化チタンと青色LEDにより光触媒という化学反応が起き、汚れを浮き立たせ分解します。 酸化チタンが歯の表面の汚れで出来た凹凸を除去し、滑らかにすることでツルツルになります。
光学式ホワイトニングのしくみ①歯の表面にはそれまでの食生活や着色要因にさらされることによって汚れが付着しています。
光学式ホワイトニングのしくみ②酸化チタンが含まれる溶液に青色LEDを当てることにより、光触媒が発生し、表面の汚れを浮き上がらせます。
光学式ホワイトニングのしくみ③その後歯ブラシを行う事により、浮き上がった汚れを洗浄し、酸化チタンでコーティングがされ、汚れが付着しにくい状態が続きます。

施術の流れ(所要時間30分ほど)

①歯に溶液をスプレーする
②汚れの周りに酸化チタンが吸着
③青色LEDを当てることによって浮き上がった汚れをブラッシングで除去

料金

¥8,000(税抜)

光学式ホワイトニングの症例

術前 術後
ホワイトニング症例 ホワイトニング症例

動画でわかる光学式ホワイトニング