健康入れ歯

あなた”が”自分でぴったりの入れ歯を作ります

「私が入れ歯を作るの?」。もちろん、入れ歯を作るのは私たち歯科医師です。しかし、作る過程において、積極的にあなたにも参加いただくのが、健康義歯と呼ばれる入れ歯の製作方法です。

従来の入れ歯と異なるポイントは、「治療用義歯」と呼ばれる、最終的に装着する前の入れ歯でお口の環境をより良い状態に変化させながら治療を進めていくところです。

お口の形態だけでなく機能も回復させるのが入れ歯の本来の役割

まずそもそもですが、入れ歯は、ある理由から歯を失った人に施す治療法です。その目的は、歯がないことによる見た目を改善する「形態の回復」と、食事や会話などをスムーズにする「機能の回復」の2つあります。

そして、多くの方々は形態の回復に目がいく一方で、機能の回復は見落としがちです。なので、折角製作した入れ歯でも「噛むと痛い」「噛むと外れる」「噛めない」などの問題が多く報告されるのだと思います。

健康義歯の場合、見た目の改善も重要ですが、合わせて機能も回復させるため、治療用義歯を用いて数週間リハビリテーション・トレーニングをしていきます

歯がなくなってしまうと、噛み合わせの位置が低くなり、それに合わせて噛む位置も変わってしまいます。正しく噛めなければ機能も形態もよくならないので、治療用義歯を装着しながら、「入れ歯とそれを支える歯周組織がうまく適合しているか」「上の歯と下の歯の噛み合わせがうまくできているか」「噛む運動能力(咀嚼能力)はうまく機能しているか」「装着した見た目は綺麗か」などに気をつけながら進めます。その都度私たち歯科医師は、痛みや違和感があればそれを除去、アドバイスをします。

このようなリハビリテーション・トレーニングを繰り返すと、あなたならではの健康なお口の環境を実現することができます