入れ歯

患者様のお口の中やご要望の沿った義歯をカスタマイズします

入れ歯

「入れ歯」と聞いて、「違和感を感じるのでは」「見た目がよくない」「掃除が大変」など、もしかしたらいいイメージをお持ちでないかもしれません。

ただし、歯科医として申し上げると失った歯を補完する手法で一番安全です。また近年は義歯を製作する技術も高まり、幅広く患者様の要望に沿った入れ歯をご提供することができるようになってきました。

【健康入れ歯】あなた”が”自分でぴったりの入れ歯を作る

もちろん、制作するのは歯科医師ですが、この健康入れ歯は積極的に患者さんの関与を求めます。

治療用義歯と呼ばれる、実際にお渡しする前の入れ歯を用意して、お口の環境をよりよくするため、数週間リハビリテーション・トレーニングをします。

あなたにとってベストな口腔環境にできるよう、私たちがサポートします。

健康入れ歯

【ノンクラスプデンチャー】バネが目立たない入れ歯

ノンクラスプデンチャー

入れ歯のバネが目立って人前でしゃべれないという方はいらっしゃいませんか?そんな方にぜひ使っていただきたいのが、この入れ歯です。

通常の”部分入れ歯”はクラスプ(金属のバネ)で歯牙に固定しますが、この義歯はクラスプを使用しないため、金属が露出することが無く、また、クラスプの部分の違和感もありません。

ノンクラスプデンチャーのメリット

  • 装着しても目立たない
  • 違和感が少ない
  • 壊れにくい

ノンクラスプデンチャーのデメリット

  • 素材が長持ちしない

【金属床義歯】違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯

ノンクラスプデンチャー

薄くつくれるので違和感が少なく、発音もしやすい入れ歯です。冷たいもの・温かいものも敏感に感じることができるので美味しく食事ができ、患者さまに合った人工歯を使用するので審美的にも優れています。また、非常に軽く生体親和性に優れ、アレルギーの心配がありません。

【コーヌス義歯】安定し外れにくい義歯

金属で製作しますが、見えないので審美的に優れています。装着感もよく、安定し外れにくい義歯です。バネを使わず、残っている歯に専用の金属の被せ物をして、その上から入れ歯を装着するタイプの部分入れ歯です。クラスプを使わないので残っている歯に負担がかからないというメリットもあります。